2006年03月26日

Internet Explorer 5.x 自己修復機能

Internet Explorer 5.x には自己修復機能がある。Windows 98/Me では、一部の機能に問題が発生した場合、次の作業でモジュールやレジストリを修復することができる。

○ 操作手順
1. [スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[アプリケーションの追加と削除]を起動する
2. [インストールと削除]タブをクリックし、「Microsoft Internet Explorer 5 とインターネットツール」をクリックする
3. [追加と削除]ボタンをクリックし、表示されるメニューから「Internet Explorer を修復する]を選択して[OK]をクリックする

修復が完了すると、結果のログが「Windows¥Fix IE Log.txt」ファイルに記録される。

また Internet Explorer 修復ツールが動作しない場合、または[コントロールパネル]の[アプリケーションの追加と削除]の一覧に「Internet Explorer 5 とインターネットツール」が表示されない場合は、Internet Explorer 修復ツールをコマンドプロンプトから起動できる場合がある。

1. [スタート]→[ファイル名を指定して実行]を開く
2. [名前]欄に以下のコマンドを入力し、[OK]ボタンをクリックする
    rundll32 setupwbv.dll,IE5Maintenance "C:¥Program Files¥Internet Explorer¥
    Setup¥SETUP.EXE" /g "C:¥WINDOWS¥IE Uninstall Log.Txt"
  ※ このコマンドでは、大文字と小文字が区別される

【参照】 マイクロソフト 技術情報 194177
          Windows FAQ.

posted by w@ko at 21:27|  ・IE/OE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

Outlook Express メッセージルールのバックアップと復元方法

Outlook Express で設定したメッセージルールのバックアップおよび復元については GUI で行う方法はないため、以下の手順でレジストリを操作することになる。

○ メッセージルールのバックアップ手順
1. [スタート]→[ファイル名を指定して実行]をクリックする
2. regedit」と入力して、レジストリエディタを起動する
3. 以下のエントリを選択する
    HKEY_CURRENT_USER¥Identities¥ID¥Software¥Microsoft¥Outlook Expres¥5.0¥Rules
  ID はユーザー固有のもので、英数字で表示される。
4. メニューバーの[レジストリ]→[レジストリファイルの書き出し]を選択し、任意のファイル名をつけて保存する
○ メッセージルールの復元手順
1. [スタート]→[ファイル名を指定して実行]をクリックする
2. regedit」と入力して、レジストリエディタを起動する
3. 現在の ID を確認する
  HKEY_CURRENT_USER¥Identities¥ID¥ へアクセスし、ID 部分を記録する
  ID を選択して[F2]キーを押すと、[Ctrl]+[C]などでコピーできる。
4. いったんレジストリエディタを終了する
5. バックアップしておいたレジストリファイルを右クリックし、[編集]を選択する
6. HKEY_CURRENT_USER¥Identities¥ID¥Software¥Microsoft¥Outlook Express¥5.0¥RulesID を手順 3. で記録しておいた ID とすべて書き換える
7. このレジストリファイルをダブルクリックしてメッセージルールをインポートする

※ レジストリ操作は自己責任の範囲下において操作願います。

【参照】 @IT Windows TIPS 「Outlook Express のメッセージ・ルールをバックアップする方法」
          Windows.FAQ

posted by w@ko at 21:40|  ・IE/OE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Outlook Express アカウント情報のエクスポートとインポート方法

Outlook Express 5/6 でアカウント情報のエクスポートおよびインポートを行うには、以下の手順で行う。

○ アカウント情報のエクスポート方法
1. Outlook Express を起動する
2. [ツール]→[アカウント]を開く
3. [メール]タブを開く
4. エクスポートするアカウントを選択し、[エクスポート]ボタンをクリックする
5. [インターネットアカウントのエクスポート]ダイアログでエクスポートするファイルパスを指定し、[保存]ボタンをクリックする
6. [閉じる]ボタンをクリックする

エクスポートしたアカウントファイルは IAF 形式となる。

○ アカウント情報のインポート方法
1. Outlook Express を起動する
2. [ツール]→[アカウント]を開く
3. [メール]タブを開く
4. [インポート]ボタンをクリックする
5. [インターネットアカウントのインポート]ダイアログでインポートしたいファイルパスを指定し、[保存]ボタンをクリックする
6. [閉じる]ボタンをクリックする

【参照】 マイクロソフト 技術情報 270670 / 882807

posted by w@ko at 21:34|  ・IE/OE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Outlook Express アドレス帳のエクスポートとインポート方法

Outlook Express の一般的なアドレス帳エクスポート方法としては、アドレス帳ファイル(WAB)ファイルをコピーする方法と CSV ファイルにエクスポートする方法の2通り存在する。

Outlook Express で複数ユーザーが設定されている場合、前者はファイルごとコピーするのですべてのユーザーの連絡先がコピーされるのに対し、後者はログオンしているユーザーの連絡先のみがエクスポートされる。また Microsoft Outlook を使用している場合、アドレス帳が Outlook の PST ファイルに格納されてしまうため、WAB ファイルが存在しない。そのため、後者の方法しか使用できない。

Outlook Express 5/6 でアドレス帳のエクスポートおよびインポートを行うには、以下の手順で行う。

○ アドレス帳のエクスポート方法 (WAB ファイルへのエクスポート)
1. [スタート]→[プログラム](または[すべてのプログラム])→[アクセサリ]→[アドレス帳]を開く
2. [ファイル]→[エクスポート]→[アドレス帳 (WAB)]を開く
3. [エクスポートするアドレス帳ファイルの選択]ダイアログでエクスポートするファイルパスを指定し、[保存]ボタンをクリックする
4. エクスポートが完了したら[OK]ボタンをクリックする
○ アドレス帳のインポート方法 (WAB ファイルからのインポート)
1. [スタート]→[プログラム](または[すべてのプログラム])→[アクセサリ]→[アドレス帳]を開く
2. [ファイル]→[インポート]→[アドレス帳 (WAB)]を開く
3. [インポートするアドレス帳ファイルの選択]ダイアログでインポートしたいファイルパスを指定し、[開く]ボタンをクリックする
4. インポートが完了したら[OK]ボタンをクリックする

同様の操作は Outlook Express の[ファイル]→[インポート]→[アドレス帳]からも実行できる。

○ アドレス帳のエクスポート方法 (CSV ファイルへのエクスポート)
1. Outlook Express を起動する
2. [ファイル]→[エクスポート]→[アドレス帳]を開く
3. [アドレス帳エクスポートツール]ダイアログで「テキストファイル (CSV)」を選択し、[エクスポート]ボタンをクリックする
4. 「エクスポート先のファイル名」指定画面で[参照]ボタンをクリックする
5. [名前を付けて保存]ダイアログでエクスポートするファイルパスを指定し[保存]ボタンをクリックする
6. [次へ]ボタンをクリックする
7. 「エクスポートするフィールドを選択してください」画面でエクスポートするフィールドを選択し、[完了]ボタンをクリックする
8. エクスポートが完了したら[OK]ボタンをクリックする
9. [閉じる]ボタンをクリックする
○ アドレス帳のインポート方法 (CSV ファイルからのインポート)
1. Outlook Express を起動する
2. [ファイル]→[インポート]→[ほかのアドレス帳]を開く
3. [アドレス帳インポートツール]ダイアログで「テキストファイル (CSV)」を選択し、[インポート]ボタンをクリックする
4. 「インポートするファイルの選択」画面で[参照]ボタンをクリックする
5. [ファイルを開く]ダイアログでインポートしたいファイルパスを指定し[開く]ボタンをクリックする
6. [次へ]ボタンをクリックする
7. 「インポートするフィールドの割り当て」画面でインポートしたいフィールドを選択し、[完了]ボタンをクリックする
8. インポートが完了したら[OK]ボタンをクリックする
9. [閉じる]ボタンをクリックする

【参照】 マイクロソフト 技術情報 270670 / 882808 / 880721

posted by w@ko at 21:21|  ・IE/OE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

Outlook Express メールデータのバックアップと復元方法

Outlook Express 5/6 でメールデータのバックアップおよび復元を行うには、以下の手順で行う。

○ メールデータのバックアップ方法
1. Outlook Express を起動する
2. Outlook Express 上で複数ユーザーを使用している場合、[ファイル]→[ユーザーの変更]または[ユーザーの切り替え]で目的のユーザーに切り替えておく
3. [ツール]→[オプション]を選択する
4. [メンテナンス]タブを開き、[保存フォルダ]ボタンをクリックする
5. [保存場所]ダイアログに表示されるパスをコピーして[OK]ボタンをクリックする
  [Ctrl]+[A]キーを押してパスをすべて選択した後[Ctrl]+[C]キーを押してコピーする
  デフォルトの保存パスはこちらを参照
6. [OK]ボタンをクリックする
7. [スタート]→[ファイル名を指定して実行]を開く
8. [名前]欄に手順 5. でコピーしたパスを貼り付けて[OK]ボタンをクリックする
  [Ctrl]+[V]キーを押す
9. 「Outlook Express」フォルダの中すべてのファイルを(または「Outlook Express」フォルダ丸ごと)コピーする
10. 任意の場所に手順 9. でコピーしたファイルまたはフォルダを貼り付ける

ちなみに、[ファイル]→[エクスポート]でエクスポートしたデータは以下の方法で Outlook Express に復元することはできない。こちらは Microsoft Outlook や Exchange Server にデータを移行する場合に使用する。

○ メールデータの復元方法
1. Outlook Express を起動する
2. Outlook Express 上で複数ユーザーを使用している場合、[ファイル]→[ユーザーの変更]または[ユーザーの切り替え]で目的のユーザーに切り替えておく
3. [ファイル]→[インポート]→[メッセージ]を選択する
4. [プログラムの選択]画面で、一覧から「Microsoft Outlook Express 5」または「Microsoft Outlook Express 6」を選択、[次へ]ボタンをクリックする
5. [場所の指定]画面で[Outlook Express 5 ストアディレクトリからメールをインポートする]または[Outlook Express 6 ストアディレクトリからメールをインポートする]を選択して[OK]ボタンをクリックする
6. [メッセージの場所]画面で[参照]ボタンをクリックする
7. [フォルダの参照]ダイアログで、バックアップ時のファイルコピー先パスを指定して[OK]ボタンをクリックする
8. [次へ]ボタンをクリックする
9. [フォルダの選択]画面で復元したい範囲を指定し、[すべてのフォルダ]または[選択されたフォルダ]から必要なフォルダを選択し、[次へ]ボタンをクリックする
  [すべてのフォルダ]
  [選択されたフォルダ]:復元したいフォルダを選択
10. [インポートの完了]画面で[完了]ボタンをクリックする

上記方法以外にも、メールデータファイルそのものをバックアップファイルで上書きすることでも可能である。

【参照】 マイクロソフト 技術情報 270670 / 882809

posted by w@ko at 22:35|  ・IE/OE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

OE/Outlook 既定のメールデータファイルパス

○ Outlook Express メールデータファイルパス
Windows 95/98/Me
    ¥WINDOWS¥Application Data¥Identities¥ID¥Microsoft¥Outlook Express
Windows NT 4.0
    ¥WINNT¥Profiles¥ユーザー名¥Application Data¥Identities¥ID¥Microsoft¥
Outlook Express
Windows 2000/XP/2003
    ¥Documents and Settings¥ユーザー名¥Application Data¥Identities¥ID¥Microsoft¥
Outlook Express

○ Outlook Express アドレス帳データファイルパス
Windows 95/98/Me
    ¥WINDOWS¥Application Data¥Microsoft¥Address Book¥ユーザー名.wab
Windows NT 4.0
    ¥WINNT¥Profiles¥ユーザー名¥Application Data¥Microsoft¥Address Book¥ユーザー名.wab
Windows 2000/XP/2003
    ¥Documents and Settings¥ユーザー名¥Application Data¥Microsoft¥Address Book¥ユーザー名.wab

○ Outlook データファイルパス
Windows 95/98/Me
    ¥WINDOWS¥Application Data¥Microsoft¥Outlook¥outlook.pst
Windows NT 4.0
    ¥WINNT¥Profiles¥ユーザー名¥Local Settings¥Application Data¥Microsoft¥Outlook¥
outlook.pst
Windows 2000/XP/2003
    ¥Documents and Settings¥ユーザー名¥Local Settings¥Application Data¥Microsoft¥
Outlook¥outlook.pst
posted by w@ko at 18:44|  ・IE/OE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。