2005年10月20日

ログ配布の構成

  〔0〕 データベースをプライマリからセカンダリへバックアップ/復元
    ※ 通常オフラインで実行
 
プライマリサーバー
(プロダクション)
データベースログファイル (*.ldf)                               
        ↓〔1〕 定期的にバックアップ (既定で15分間隔) → 低コスト
トランザクションログバックアップ                               
                                  ↓〔2〕 ネットワーク経由で定期的にコピー (既定で 15 分間隔)
                                  ↓ ※ セカンダリ側が実行
セカンダリサーバー バックアップファイルのコピー                               
        ↓〔3〕 復元適用 → 同じデータベース内容になる
データベースログファイル (*.ldf)                               

いずれのイベントでも SQL Server エージェントサービスが必要
  サービスアカウントはプライマリ/セカンダリサーバーの両方で適切な権限を持たせる
 
必須フォルダ
 
プライマリサーバー内 ログバックアップ先フォルダ (A)
  → セカンダリからアクセス可能な共有フォルダとして構成
セカンダリサーバー内 ログコピー先フォルダ (B)
  プライマリ/セカンダリ切り替え時や相互配布時には双方に A、B が必須 (フォルダが2つずつ必要)
 
バックアップ + コピーの時間差は既定で最大 30 分(15 分 + 15 分)
  ログ配布時にセカンダリ側で復旧完了状態を STANDBY に設定することが可能
    → データ分析等で利用価値あり
 
ログファイル名はタイムスタンプを含めてひとつずつ異なる名前が付けられる
posted by w@ko at 19:26|  ・SQL Server ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。