2005年10月20日

ログ配布の自動化

データベース保守計画によりセットアップが容易
  データベース保守計画ウィザードを使って1つのデータベースログ配布動作をまとめて設定
 
 
[データベースの選択]画面で[トランザクションログを他の SQL Server に配布 (ログ配布)]オプションを有効にする
  [配布先データベースの追加]
    配布先サーバーとして指定できるサーバーは Enterprise Manager に登録されたサーバー
   
[出力先データベース] [データベースの新規作成と追加] 手順〔0〕を最初に行う
[既存データベースを使用 (初期化なし)] 手順〔0〕を行わない → 手動実行
「データベース読込状態」 [復旧モード以外] データベース使用不可 (NORECOVERY)
[スタンバイモード] 読み取り専用 (STANDBY)
→ データ分析等で使用可
[データベースのユーザーを終了する] 有効 データベースにアクセスしているアプリケーションを自動切断
→ データ分析等での使用には不向き?
無効 データベースアクセスが存在するとき、復元作業は待ち状態になる
→ ログ配布が中断
[データベースがプライマリロールを想定することを許可する] 有効 フェールオーバー時の役割変更引き受け先として指定
→ ログバックアップ(配置)先共有フォルダを指定
  ウィザードで設定できる項目
   
バックアップスケジュール 手順 1. 既定 15 分
コピー/読み込みの頻度 手順〔2〕〜〔3〕 既定 15 分
読み込みの遅延 手順〔1〕から〔2〕に移る間隔 既定 0 分
→ ログを即座に復元
ログ配布のしきい値 同期間隔のしきい値(しきい値を超える時間経つと警告)等  
監視サーバーの設定    
  ログ配布設定ユーザーは sysadmin ロールのメンバー
  一度に1つのデータベースのみ設定可 → 複数データベース選択時はオプション無効
  保守計画ウィザードは大規模環境だと融通が利かない?
 
モニタにより管理が容易
  状態を追跡
  リソースサーバー/配布先サーバー間の役割変更が容易
  Enterprise Manager からリモート管理
  リソースサーバー/配布先サーバーとは別に監視サーバーを設置
    SQL Server 2000 が入っているサーバーであればどれでも可 → 通常はセカンダリサーバー
 
柔軟性
posted by w@ko at 19:26|  ・SQL Server ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。