2005年09月16日

リストアコマンド

データベースからのリストア
 
 
 
RESTORE DATABASE データベース名[ FROM デバイス名] [ WITH[ FILE = ファイル番号][ [,] MOVE '論理ファイル名' TO '物理ファイル名'][[,] REPLACE][[, ]{NORECOVERY|RECOVERY|STANDBY}][[, ] STATS]][[.] RESTART]
  RESTORE DATABASE データベース名 FROM DISK='ファイルパス' 〔← ディスク〕
    REPLACE … 同名のデータベースがあるときは置き換え
  RESTORE DATABASE データベース名 FROM TAPE='¥¥.¥テープ名'... 〔← テープ〕
 
ログからのリストア
 
 
 
 
RESTORE LOG データベース名[ FROM デバイス名] [WITH [FILE = ファイル番号 ] [{NORECOVERY|RECOVERY|STANDBY}][[, ] STOPAT = 復元日時][[, ]STOPBEFOREMARK = マーク名[ AFTER 日時]][[, ] STOPATMARK = マーク名[ AFTER 日時][[,] STATS]]
 
復旧完了状態
  既定で RECOVERY
  復旧完了状態を RECOVERY にし忘れた場合の変更方法
    RESTORE DATABASE データベース名 WITH RECOVERY
 
FILE オプション
  複数のバックアップを含むバックアップファイルから特定のバックアップを選択
    ※ ファイル番号 = バックアップセット番号
 
RESTART オプション
  中断された復元操作を中断された時点から復旧を再開
 
MOVE...TO オプション
  バックアップ時とは異なる場所にファイルを復元する場合に復元先を指定
    − 別ディスクドライブ、サーバー、スタンバイ SQL Server 等
  アタッチで代用可
 
REPLACE オプション
  既存データベースを異なるデータベースバックアップで上書き → 安全性チェックは行わない
 
STATS オプション
  復元プロセスの進捗状況を表示

☆ クエリまたはコマンドから復元作業を行う際は master データベースを使用

posted by w@ko at 18:29|  ・SQL Server ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。