2005年09月09日

オンラインバックアップ時の動作

元のファイルの場所を記録
バックアッププロセス中に発生するデータベースアクティビティをキャプチャ
  チェックポイントを実行し、LSN(ログシーケンス番号)を記録
  ディスクを直接読み取り、バックアップメディアにすべてのデータを書き込み
  バックアッププロセス中に書き込まれたすべてのトランザクションログレコードを書き込み
オンラインバックアップ中はパフォーマンスの低下が見られる (約 10%)
  タイミングに注意
posted by w@ko at 18:47|  ・SQL Server ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。