2005年09月09日

ジョブのトラブルシューティング

○ SQL Server 自動化
SQL Server エージェントの起動確認
ジョブ、スケジュール、警告、オペレータの有効確認
プロキシアカウントの有効確認 ← sysadmin メンバー以外のユーザーがオブジェクトの所有者の場合
エラーログの確認
  SQL Server エージェントエラーログ
    SQL Server エージェントサービスの再起動のたびに新しいエラーログを作成
    最大9個のエラーログを保存、表示可
      ⇒ Enterprise Manager → SQL Server エージェントを右クリック → [エラーログの表示]
      → ¥Program Files¥Microsoft SQL Server¥Mssql¥Log フォルダ内のログファイル
    エラーがログに記録された場合に net send コマンドでエラーを送信する設定可
      ⇒ Enterprise Manager → SQL Server エージェントのプロパティ → [全般]タブ
  Windows アプリケーションログのサイズ確認
  SQL Server エラーログ
ヒストリの確認
  ジョブヒストリの最大行数の確認
メールクライアントの正常動作確認

○ 警告
警告処理のバックログ
  アプリケーションログエラーの大量書き込みで警告応答に遅延発生(グローバルリソース不足)
  警告数が SQL Server エージェントの警告処理速度を超えた場合にバックログ作成
  警告を一時的に無効にする
  各警告間の応答時間を増やす
  グローバルリソース問題を解消
  アプリケーションログの削除
  警告を発生させないエラーを設定 → レジストリで設定
posted by w@ko at 18:45|  ・SQL Server ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。