2005年08月09日

オブジェクトの所有者と権限

依存関係を持つデータベースオブジェクトの所有者が異なる場合、元のオブジェクト権限のチェックを行う
 
オブジェクト作成時はなるべく dbo ユーザーを使用
  他ユーザー使用時もなるべく dbo を所有者に指定
 
オブジェクトの所有者の変更方法
    sp_changeobjectowner 'オブジェクト名', '所有者名'
  sysadmin、db_owner、db_ddladmin、db_securityadmin メンバーのみ実行可
  所有者変更時はそのオブジェクトを参照するスクリプトやバッチに新しい設定を手動で反映させる必要あり
    → 自動的に行うことは不可
posted by w@ko at 18:34|  ・SQL Server ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。