2005年07月29日

クエリアナライザの特徴

使い勝手と開発効率の向上
  複数の結果セットを複数のグリッドで返答
  エディターの拡張
    ブロックインデント
    ブロックコメントアウト
    ブックマーク([Ctrl]+[F2])
  自動的な構文要素の色分け
  カスタマイズ可能な結果セットビュー
  スクリプトの部分実行
 
オブジェクトブラウザ
  ドラッグアンドドロップによるエディタへのスクリプト追加
  テーブルのオープン(テーブルエディタ)
  拡張プロパティエディタ(右クリックから。アプリケーションやサイト固有のオブジェクト情報を格納)
 
オブジェクトの検索
 
テンプレートおよびパラメータの検索、置換機能
 
インデックスチューニングウィザードとの完全統合
 
クライアント統計情報(クライアントサイドのパフォーマンスカウンタ ⇒ [クエリ]より)
 
ショートカットクエリ
  sp、xp および短い SQL ステートメントをあらかじめ定義されたショートカットキーに割り当て
    [ツール] → [カスタマイズ]
 
更新可能なグリッドテーブル
  プライマリキーかユニークインデックスがテーブル上に必要
  サーバーカーソルを利用
 
Transact-SQL デバッガとの統合
  ストアドプロシージャデバッグ
  グローバル変数、ローカル変数
posted by w@ko at 16:26|  ・SQL Server ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。