2007年06月25日

Windows 2000/XP/2003 低速リンクの検出を無効にする方法

経由する回線が低速な場合、低速リンクと見なされてグループポリシーやログオンスクリプト等の適用などが正しく動作しないなどの状況が発生する場合がある。

○ 操作手順

以下の手順で低速リンクの検出を無効にすることができる。

1. グループポリシーエディタで任意のグループポリシーコンソールを起動する
2. 左ペインから以下のポリシーを開く
  [ユーザーの構成]→[管理用テンプレート]→[システム]→[グループポリシー]
3. 右ペインから[グループポリシーの低速リンクの検出]ポリシーを開く
4. プロパティダイアログの[設定]タブで[有効]を選択し、検出を行わない場合は[接続速度]を0に設定する
5. [OK]ボタンをクリックする
6. グループポリシーを更新する
posted by w@ko at 22:36|  ・Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。