2007年05月29日

Windows 2000 セキュリティポリシーの適用に時間がかかる

コンピュータへのログオン時のセキュリティポリシーの適用に時間がかかる場合がある。このとき、「セキュリティポリシーを適用しています。」と表示された状態がしばらく続く。

これは、ログオン時にセキュリティポリシーの適用を行っているためであるが、グループポリシーが頻繁に変更されるような環境でなければ、以下の設定でコンピュータの起動時やログオン時にポリシーの適用の同期を行わないようにし、起動時間を短縮することができる。

○ 対処方法
1. レジストリエディタを起動する
2. 左ペインから以下のキーを開く
    HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion¥Policies¥System
3. 配下に以下の2つのエントリを作成する
  (1)
: SynchronousMachineGroupPolicy
種類 : DWORD
値のデータ : 0
  (2)
: SynchronousUserGroupPolicy
種類 : DWORD
値のデータ : 0
4. レジストリエディタを閉じ、システムを再起動する

※ レジストリ操作は自己責任の範囲下において操作願います。

なお、Windows XP コンピュータでは標準で「コンピュータの起動およびログオンで常にネットワークを待つ」ポリシーが構成されていないため、ネットワークの確立とポリシーの適用を待たずにログオン処理が完了する。このため、上記の設定を行う必要はない。

【参照】 Windows FAQ.

posted by w@ko at 22:57|  ・Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。