2005年06月05日

初期設定(1) コントロールパネル

■ Windowsファイアウォール ■
全般
  ⇒ 無効

■ インターネットオプション ■
全般
  ホームページ → 空白を使用
  インターネット一時ファイル → 設定
    → 使用するディスク領域 ⇒ 50MB
    → ファイルの移動
  履歴 → ページを履歴に保存する日数 ⇒ 20

セキュリティ → インターネットレベルカスタマイズ
  .NET Framework 依存コンポーネント
    ⇒ 有効
    ⇒ 有効
  ActiveX コントロールとプラグイン
    ⇒ ダイアログ表示
    ⇒ 無効
    無効
⇒ 有効
    ⇒ 有効
    ⇒ ダイアログ表示
    ⇒ 無効
  スクリプト
    ⇒ 有効
    ⇒ 有効
    ⇒ 有効
  その他
    ⇒ ダイアログ表示
    ⇒ 無効
    ⇒ 有効
    ⇒ 無効
    ⇒ 無効
    ⇒ 高
    ⇒ ダイアログ表示
    ⇒ 無効
    ⇒ 有効
    ⇒ 有効
    ⇒ 無効
    ⇒ 有効
    ⇒ ダイアログ表示
    ⇒ 有効
    ⇒ 有効
    ⇒ 無効
    ⇒ ダイアログ表示
  ダウンロード
    ⇒ 有効
    ⇒ 無効
    ⇒ 有効
  ユーザー認証
    ⇒ イントラネットゾーンでのみ自動的にログオン

プライバシー → 詳細設定
  ⇒ 自動 Cookie 処理を上書きする
  ⇒ ダイアログを表示
  ⇒ ブロックする
  ⇒ 常にセッション Cookie を許可する

接続 → LAN 設定

プログラム

詳細設定
  HTTP 1.1 設定
    ⇒ HTTP 1.1 使用
  Java(Sun)
    ⇒ <applet> に JRE 1.5.0_02 を使用
  アドレスバーからの検索
    ⇒ アドレスバーから検索しない
  セキュリティ
    ⇒ SSL 2.0 使用
    ⇒ SSL 3.0 使用
    ⇒ フォームの送信がリダイレクトされた場合に警告
    ⇒ ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダを空にする
    ⇒ マイコンピュータでのCDのアクティブコンテンツの実行を許可
    ⇒ マイコンピュータのファイルでのアクティブコンテンツの実行を許可
    ⇒ 発行元証明書の取り消し確認
    ⇒ 無効なサイト証明について警告
  ブラウズ
    ⇒ FTPサイト用のフォルダビューを使用
    ⇒ アドレスバーに[移動]ボタンを表示
    ⇒ サードパーティ製のブラウザ拡張有効
    ⇒ ショートカットを起動するためにウィンドウを再使用
    ⇒ スクリプトのデバッグを使用しない(IE)
    ⇒ スクリプトのデバッグを使用しない(その他)
    ⇒ 常に表示
    ⇒ 常に UTF-8 としてURL送信
  マルチメディア
    ⇒ Web ページのアニメーションを再生
    ⇒ Web ページのサウンドを再生
    ⇒ Web ページのビデオを再生
    ⇒ 画像を表示
  ユーザー補助
  印刷

■ キーボード ■
速度
  表示までの待ち時間 ⇒ 短く
  表示の間隔 ⇒ 速く

■ サウンドとオーディオデバイス ■
音量

サウンド

■ システム ■
ハードウェア
  デバイスマネージャ
    ⇒ (不要デバイスの無効化)
    CDドライブ → プロパティ
      音量 ⇒ 高
      ⇒ このCD-ROMデバイスでデジタル音楽CDを使用可能にする
    IDEチャネル
      〔使用デバイス〕転送モード ⇒ DMA
      〔未使用デバイス〕デバイスの種類 ⇒ なし
  ドライバの署名
    ⇒ 無視
    ⇒ この操作をシステムの既定にする
  Windows Update
    ⇒ Windows Update でドライバの検索をしない

詳細設定
  パフォーマンス → 設定
    視覚効果
      ⇒ パフォーマンスを優先
    詳細設定
      プロセッサのスケジュール ⇒ プログラム
      メモリ使用量 ⇒ プログラム
      仮想メモリ ⇒ (略)
    データ実行防止
      ⇒ 重要な Windows のプログラムおよびサービスについてのみ有効
  起動と回復 → 設定
    オペレーティングシステムの一覧を表示する時間 ⇒ 3
    ⇒ システムログにイベントを書き込む
    デバッグ情報の書き込み ⇒ (なし)
  環境変数
    TEMP/TMP ⇒ (変更)
    MYVIRTUALMACHINES ⇒ (追加)
  エラー報告
    ⇒ エラー報告を無効

システムの復元
  ⇒ すべてのドライブでシステムの復元を無効

自動更新
  ⇒ 自動更新を無効

リモート

■ タスクバーと[スタート]メニュー ■
タスクバー
  ⇒ タスクバーを固定する
  ⇒ タスクバーをほかのウィンドウの手前に表示する
  ⇒ クイック起動を表示する
  ⇒ 時計を表示する
  ⇒ アクティブでないインジケータを隠す
  カスタマイズ ⇒ (略)

[スタート]メニュー →[スタート]メニュー → カスタマイズ
  全般
    ⇒ 小さいアイコン
[スタート]メニューに表示するプログラム数 ⇒ 0
  詳細設定
    ⇒ マウスを置いた時にサブメニューを開く
    ⇒ [スタート]メニューに項目をドラッグ/ドロップできるようにする
    ⇒ [ファイル名を指定して実行]コマンド
    コントロールパネル ⇒ メニューとして表示
    システム管理ツール ⇒ [すべてのプログラム]メニューと[スタート]メニューに表示
    ネットワーク接続 ⇒ 表示しない
    マイコンピュータ ⇒ リンクとして表示する
    マイドキュメント ⇒ 表示しない
    マイピクチャ ⇒ メニューとして表示
    マイミュージック ⇒ メニューとして表示
    ⇒ 検索

■ ネットワーク接続 ■
ローカルエリア接続のプロパティ → 全般
  インターネットプロトコル → プロパティ ⇒ (略)
  詳細設定 → 詳細設定 ⇒ (略)

■ ハードウェアの追加 ■

    ⇒ (Loopback Adapter の追加)


■ フォルダオプション ■
全般
  ⇒ 従来の Windows フォルダを使う
  ⇒ 別のフォルダを開く時に新しいウィンドウを作らない
  ⇒ シングルクリックで選択し、ダブルクリックで開く

表示
  ⇒ すべてのフォルダに適用
  ⇒ アドレスバーにファイルのパス名を表示
  ⇒ システムフォルダの内容を表示
  ⇒ すべてのファイルとフォルダを表示
  ⇒ マイコンピュータにコントロールパネルを表示
  ⇒ 各フォルダの表示設定を保存
  ⇒ 縮小版をキャッシュしない
  ⇒ 保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない

ファイルの種類
  TXT ⇒ (TeraPadへ→"¥Program Files¥TeraPad¥TeraPad.exe" "%1")
  DOC / XLS :(同じウィンドウで開く ⇒ 無効)

オフラインファイル

■ フォント ■
     ⇒ (不要フォントの削除)
     削除してはいけないアイコン
    1. 赤色アイコン
    2. 緑色アイコン
    3. 名前に「MS」と付くアイコン

■ プログラムの追加と削除 ■
Windowsコンポーネントの追加と削除
  ⇒ (不要物削除)

■ マウス ■

    ポインタオプション


■ 画面 ■
デスクトップ
  ⇒ デスクトップのカスタマイズ

スクリーンセーバー
  ⇒ (なし)

デザイン
  ウィンドウとボタン ⇒ Windows クラシックスタイル
  配色 ⇒ Windows クラシック
  効果
  詳細設定
    色〔アクティブタイトルバー〕 ⇒ (紺)
    色〔非アクティブタイトルバー〕 ⇒ (灰)
    フォント ⇒ MS UI Gothic
    サイズ ⇒ 9

設定
  画面の解像度
  詳細設定
    全般
      ⇒ 再起動しないで、新しい表示の設定を適用
    モニタ
      ⇒ このモニタでは表示できないモードを隠す

■ 管理ツール ■
コンピュータの管理→ディスクの管理
  (CDドライブのドライブ文字 ⇒ Q)

■ 地域と言語 ■
言語 → 詳細 → 設定
  既定の言語 ⇒ 日本語 − ATOK17
  インストールされているサービス ⇒ (MS-IME を削除)
言語 → 詳細 → 詳細設定
  詳細なテキストサービスをオフにする

■ 電源オプション ■
電源設定
  ⇒ 自宅または会社のデスク
  モニタの電源を切る ⇒ 5分
  ハードディスクの電源を切る ⇒ 15分
  システムスタンバイ ⇒ 30分

詳細設定

休止状態

■ 日付と時刻 ■
インターネット時刻
  ⇒ 自動的にインターネット時刻サーバーと同期
  ⇒ time.nist.gov

■ ユーザーアカウント(control userpasswords2) ■
posted by w@ko at 15:50|  ・Windows XP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。