2007年05月02日

Internet Explorer/Outlook Express を修復/再インストールする方法

Windows XP で Internet Explorer または Outlook Express に問題が発生した場合、以下の方法で修復、または再インストールを行い、問題の解決を図ることが可能である。

○ Windows XP SP2 の場合

Windows XP Service Pack 2(SP2)の場合は、Windows XP SP2 を再インストールする。

○ Windows XP または Windows XP SP1の場合(その1)

Windows XP および Windows XP Service Pack 1(SP1)の場合は、管理者としてログオンし、次の手順を実行します

1. システムファイルチェッカーツールを使用して、コンピュータ上の保護されたファイルをすべてスキャンする
  a. [スタート]→[ファイル名を指定して実行]を開く
  b. [名前]欄に「sfc /scannow」と入力し、[OK]ボタンをクリックする
    このとき、Windows XP または Windows XP SP1 のインストール CD-ROM を挿入するように求めるメッセージが表示される場合がある。
2. テストを行い、問題が解決されたかどうかを確認し、問題が解決しない場合は次の手順に進む
3. レジストリエディタを起動する
4. 左ペインから以下のいずれかのキーを開く
  Internet Explorer ブラウザコンポーネントを再インストールする場合
      HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Active Setup¥Installed Components¥{89820200-ECBD-11cf-8B85-00AA005B4383}
  Outlook Express コンポーネントを再インストールする場合
      HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Active Setup¥Installed Components¥{44BBA840-CC51-11CF-AAFA-00AA00B6015C}
5. 右ペインで「IsInstalled」エントリをダブルクリックする
6. [DWORD 値の編集]ダイアログで、[値のデータ]を「0」に変更し、[OK]ボタンをクリックする
7. レジストリエディタを閉じ、システムを再起動する
8. Internet Explorer 6 をインストールする

※ レジストリ操作は自己責任の範囲下において操作願います。

【参照】 マイクロソフト 技術情報 318378

posted by w@ko at 23:48|  ・IE/OE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。