2007年04月18日

Backup Exec バックアップに失敗する(デバイスへのアクセス許可がない)

Backup Exec にて以下のエラーが発生し、バックアップに失敗することがある。

最終エラーコード: 0xE0009418
最終エラーの説明: このエディションの製品にはデバイス サーバー名 へのアクセス権がありません。

この問題は、Backup Exec for Windows Servers がライセンス登録されているにもかかわらず、データベース(Oracle、SQL Server)またはグループウェア(Notes、Exchange Server)等のアプリケーションのエージェントオプションのライセンスが登録されておらず、さらにエージェントを使用したバックアップ対象がジョブに含まれている場合に発生する。

アプリケーションのデータベースが稼働しているサーバーに Backup Exec をインストールする場合、インストールがデフォルトでアプリケーションのエージェントをインストール対象に含めてしまう。エージェントのライセンスを購入していない状態でそのままインストールを行い、エージェントを使用してアプリケーションのデータベースをバックアップ対象に含めてバックアップジョブを作成してしまうと、Backup Exec のライセンス登録を行った直後に上記のエラーが発生する。

○ 対処方法

この問題を回避するには、以下のいずれかの方法で対処を行う。

Backup Exec をインストールするときに、エージェントをインストール対象から外す
バックアップジョブを作成するときに、バックアップ対象にエージェントを使用したアプリケーションデータベースを選択しない
posted by w@ko at 22:39|  ・Backup Exec | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。