2007年04月06日

Windows 2000/XP/2003 IIS のログファイルパスを変更する方法

IIS のログファイルパスを変更するには以下の手順で行う。

○ サイト単位の設定方法

以下の手順でサイト単位のログファイルパスの設定を行う。

1. [スタート]→[プログラム]→[管理ツール]→[インターネットサービスマネージャ](Windows 2000 の場合)または[インターネットインフォメーションサービス (IIS) マネージャ](Windows Server 2003 の場合)を起動する
2. 左ペインから設定を行いたいサイト([Web サイト]や[FTP サイト])を右クリックし[プロパティ]を選択する
3. サイトのプロパティダイアログのサイトタブ([Web サイト]または[FTP サイト]タブ)で[ログ収集を有効にする](Windows 2000 の場合)または[ログの記録を有効にする](Windows Server 2003 の場合)項目の[プロパティ]ボタンをクリックする
4. [拡張ログプロパティ](Windows 2000 の場合)または[ログプロパティ](Windows Server 2003 の場合)ダイアログの[ログファイルディレクトリ]ボックスにログファイルパスを指定する
  実際には指定したパス配下に「W3SVCX」(WWW サービスの場合)または「MSFTPSVCX」(FTP サービスの場合)フォルダが作成される。「X」は作成したサイトごとの番号が入る。さらにこのフォルダの配下に「exyymmdd.log」という形式でファイルが作成される。
      例) W3SVC1\ex070401.log
5. [OK]ボタンをクリックする
○ サービス単位の設定方法

Windows 2000 の場合、以下の手順ですべてのサイトを含む IIS サービス全体の既定のログファイルパスを設定できる。ただしこの設定は以後新規に作成されるサイトにのみ有効であり、既存のサイトには適用されない。

1. [スタート]→[プログラム]→[管理ツール]→[インターネットサービスマネージャ]を起動する
2. コンピュータ名のアイコンを右クリックし、[プロパティ]を選択する
3. コンピュータのプロパティダイアログの[インターネットインフォメーションサービス]タブで[マスタプロパティ]ドロップダウンリストから[WWW サービス]または[FTP サービス]を選択し、右の[編集]ボタンをクリックする
4. コンピュータのサービスマスタプロパティダイアログのサイトタブ([Web サイト]または[FTP サイト]タブ)で[ログ収集を有効にする]項目の[プロパティ]ボタンをクリックする
5. [拡張ログプロパティ]ダイアログの[ログファイルディレクトリ]ボックスにファイルパスを指定する
6. [OK]ボタンをクリックする

【参照】 マイクロソフト TechNet
          マイクロソフト 技術情報 300390 / 324279
          @IT

posted by w@ko at 23:37|  ・Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。