2007年03月28日

Windows Server 2003 上の SQL Server 2000 データベースに接続できない

Windows Server 2003 コンピュータ上にインストールした SQL Server にネットワーク経由で接続できない場合がある。これには、既に別の SQL Server インスタンスがインストールされているコンピュータ上に別のインスタンスをインストールした場合を含む。この場合、以下のようなエラーメッセージが表示される。

[TCP/IP Sockets] SQL Server が存在しないか、接続が拒否されました。
[TCP/IP Sockets] ConnectionOpen (Connect()).
 
サーバー名 サーバーに接続できません。
サーバー: Msg 17, Level 16, State 1
[Microsoft][ODBC SQL Server Driver][TCP/IP Sockets] SQL Server が存在しないか、接続が拒否されました。
 
接続できません:
SQLState: '01000'
SQL Server Error: 10061
[Microsoft][ODBC SQL Server Driver][TCP/IP Sockets] ConnectionOpen (Connect()).
 
接続できません:
SQLState: '08001'
SQL Server Error: 17
[Microsoft][ODBC SQL Server Driver][TCP/IP Sockets] SQL Server が存在しないか、接続が拒否されました。

Windows Server 2003 では SQL Server 2000 の Service Pack 2(SP2)以前のバージョンをサポートしていない。それにより、Windows Server 2003 が SQL Server 2000 に接続するために必要な TCP/IP ネットワークポートと SQL Server 2000 に接続するために必要な UDP ネットワークポートをブロックする。そのため、リモートコンピュータから TCP/IP プロトコルを使用すると、ネットワーク経由でリモートから SQL Server インスタンスに接続できなくなる。

この問題を解決するには、SQL Server 2000 の Service Pack 3(SP3)以降の最新の Service Pack を適用する。

1つのサーバーに複数のインスタンスがインストールされている場合、インスタンスごとに Service Pack を適用する必要がある。

【参照】 マイクロソフト 技術情報 884012

posted by w@ko at 22:42|  ・SQL Server | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。