2007年01月30日

Windows 2000/XP/2003 SUS クライアントが正しく動作しているか確認する方法

SUS(Software Update Services)クライアントとして設定したコンピュータが、設定通りに SUS サーバーとに正常にリダイレクトされているかを確認することができる。これにより、設定が正しいかどうかの確認や、正常に動作しない場合の原因の切り分けなどに利用できる。

○ 操作手順

SUS クライアントマシンで、Windows Update ログファイルを確認する。Windows Update のログファイルであるため、SUS クライアントに限らずすべての Windows コンピュータに存在するファイルであるが、更新プログラムのリダイレクト先が記録されるため、SUS の設定確認にも使用できる。

このファイルは、以下のパスに存在する。

    %Systemroot%¥Windows Update.log    (Windows Update v4 の場合)
    %Systemroot%¥WindowsUpdate.log    (Windows Update v6 の場合)

ログ中に「http://mysusserver/autoupdate/getmanifest.asp」などの SUS サーバーを示すエントリがあれば、自動更新コンポーネントが SUS サーバーに正しくリダイレクトされていることを確認できる。

posted by w@ko at 23:06|  ・Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。