2006年10月23日

ARCserve ジョブエンジンが停止する

ARCserve インストール後、ジョブエンジンが起動しなくなったり、またはジョブ実行時にジョブエンジンが停止する場合がある。

この場合、以下のいくつかの原因が考えられる。

1. ライセンス登録が正常に完了していない
  ライセンス登録が正常に完了していない場合、トライアル製品とみなし、インストール後30日でジョブエンジンが停止される仕様になっている。トライアル期間が経過すると、ジョブエンジンは起動してもジョブ実行時に停止する。この場合、イベントログにライセンス仕様許諾の警告が記載される。

  この場合、製品を確認してライセンス登録を実行する。
 
2. ARCServe 2000 の場合、ジョブエンジン修正モジュールが適用されていない
  この場合、ジョブエンジン修正モジュールの適用を行う。
  なお、このモジュールは、最新の機能追加・修正モジュールにも含まれている。
 
3. その他
  その他、ARCserve プログラムファイルの破損やインストールパス設定の問題、またはサービスのハードウェアプロファイル設定の問題などが原因の場合がある。

【参照】 CA 技術情報

posted by w@ko at 23:30|  ・ARCserve | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。