2006年10月16日

Windows NT セットアップディスクの作成方法

Windows NT 4.0 のセットアップ起動ディスクを作成する場合、NT の OS が起動した状態、もしくは起動していない状態のいずれからも作成することができる。ただし、いずれの場合でも以下のものが必要となる

Windows NT 4.0 CD-ROM Disc1
フォーマット済みフロッピーディスク 3枚
CD-ROM ドライバが組み込まれた起動ディスク(OS が起動していない状態から作成する場合)
○ 作成手順(OS が起動した状態からの作成)
1. Windows NT 4.0 を起動し、管理者権限でログインする
2. Windows NT 4.0 CD-ROM Disc1 を CD-ROM ドライブに挿入する
3. コマンドプロンプトを開く
4. 以下のコマンドを入力する
    CD-ROM ドライブ名:
  CD I386
  WINNT32 /OX
5. [Windows NT 4.00 のアップグレード/インストール]ウィンドウで Windows ファイル格納場所として以下のパスを指定する
    CD-ROM ドライブ名¥I386
6. [続行]ボタンをクリックし、ファイルのコピーを開始する
7. フォーマット済みのフロッピーディスクを要求するメッセージが表示されたら2枚目のディスクを挿入し、[OK]ボタンをクリックする
8. 同様に、3枚目のディスクを挿入する
9. 作成終了後、コマンドプロンプトを閉じる
○ 操作手順(OS が起動していない状態からの作成)
1. CD-ROM ドライバが組み込まれた起動ディスクをセットし、コンピュータを起動する
2. DOS プロンプト画面を表示させる
3. Windows NT 4.0 CD-ROM Disc1 を CD-ROM ドライブに挿入する
4. 以下のコマンドを入力する
    CD-ROM ドライブ名:
  CD I386
  WINNT32 /OX
5. [Windows NT 4.00 のアップグレード/インストール]ウィンドウで Windows ファイル格納場所として以下のパスを指定する
    CD-ROM ドライブ名¥I386
6. [続行]ボタンをクリックし、ファイルのコピーを開始する
7. フォーマット済みのフロッピーディスクを要求するメッセージが表示されたら2枚目のディスクを挿入し、[OK]ボタンをクリックする
8. 同様に、3枚目のディスクを挿入する
9. 作成終了後、コマンドプロンプトを閉じる
posted by w@ko at 23:35 | TrackBack(0) |  ・Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。