2006年08月22日

Windows NT/2000/XP/2003 IP ルーティングを有効にする方法

Windows コンピュータを RAS(もしくは RRAS)サーバーとして使用する場合、RAS サーバーから先への通信ができない場合がある。このとき、RAS の設定で IP ルーティングが有効になっていないと、RAS サーバーを超えた通信はできない。以下の手順で、IP ルーティングが有効になっているか確認する必要がある。

○ 操作手順(Windows 2000/XP/2003 の場合)
1. [スタート](→[設定])→[コントロールパネル]→[管理ツール]→[ルーティングとリモートアクセス]コンソールを開く
2. 左ペインのツリーからサーバーを右クリックし、[プロパティ]を選択する
3. [IP]タブで[IPルーティングを有効にする]が有効になっているか確認する
○ 操作手順(Windows NT 4.0 の場合)
1. [スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[ネットワーク]を開く
2. [サービス]タブから[リモートアクセスサービス]を選択し、[プロパティ]ボタンをクリックする
3. [リモートアクセスセットアップ]ダイアログで[ネットワーク]ボタンをクリックする
4. [ネットワークの構成]ダイアログで「サーバーの設定」内の「次のリモートクライアントを許可する」項目で「TCP/IP」の[構成]ボタンをクリックする
5. [RAS サーバー TCP/IP の構成]ダイアログの「リモート TCP/IP クライアントにアクセスを許可する」項目で[ネットワーク全体」が選ばれているか確認する

IP ルーティングの有効化/無効化は、レジストリからも設定可能である。詳細は以下のページを参照。

【参照】 @IT

posted by w@ko at 21:32|  ・Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする