2006年06月29日

Windows XP Home Edition Administrator アカウントを使用する方法

Windows XP Home Edition では、Administrator アカウントを使用できなくなっている。「ようこそ」画面や[コントロールパネル]から開く[ユーザーアカウント]コンソールにも一切表示されない。

ただし、Administrator アカウントが存在しないわけではない。Administrator アカウントを作成しようとすると、次のメッセージが表示される。

ユーザーアカウント
アカウント名 'Administrator' は既に存在します。ほかの名前を入力してください。

また、Administrator アカウントでログオンしようとすると、次のメッセージが表示される。

ログオンメッセージ
アカウントの制限によってログオンできません。

Windows XP Home Edition ではセットアップ時に管理用アカウントとして Administrator が作成されるが、仕様上、通常のモードでは使用できず、システム上から隠された存在となっている。しかも、パスワードが設定されないため、既定の状態のまま使用することはセキュリティ上のリスクを伴うこととなる。

○ 操作方法

Administrator を使用してログオンするためには、セーフモードもしくは回復コンソールを使用する。セーフモードでログオンすると、「ようこそ」画面や[ユーザーアカウント]コンソールにも Administrator アカウントが表示される。

なお、Administrator のアカウント名やパスワード、グループメンバーシップ等の基本的なアカウント情報の変更であれば、セーフモードでなくても通常モードでも可能である。具体的には以下の方法で行う。

[ユーザーアカウント]画面
  [スタート]→[ファイル名を指定して実行]で[名前]に「control userpasswords2」(または「rundll32 netplwiz.dll,UsersRunDll」)と入力して起動
net user コマンド

【参照】 マイクロソフト 技術情報 418030
          @IT Windows TIPS 「Administrator とは?」
          ITPro 「 Windows XP Pro と Home の“隠された”違い」
          Windows FAQ.

既存の Administrator アカウントの名前を別のものに変更した上で、別のアカウント名を「Administrator」に変更すれば、(本来の形とは異なるが) Home Edition でも Administrator が使用できる状態にできる。
posted by w@ko at 22:23|  ・Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。