2006年04月02日

Windows NT/2000/XP/2003 IP 設定画面を使用する方法

Windows NT/2000/XP/2003 には Windows 95/98/Me のような[IP 設定]画面(Winipcfg.exe)はない。ただし Windows 2000 のリソースキットに Wntipcfg.exe ツールが用意されており、こちらを使用することで同様の画面を表示させることができる。なお、このツールは英語版しか提供されていないが、日本語版 Windows でも動作に問題はない。

Wntipcfg.exe ツールは以下のいずれかのサイトからダウンロードできる。

Microsoft Windows 2000 Resource Kits - Wntipcfg.exe (英語)
Microsoft Download Center - Wntipcfg.exe (英語)

表記が英語である以外、操作方法は Winipcfg と同様である。ただし、既定のパス(システムドライブ:¥Program Files¥Resource Kit)にインストールすると、毎回このパスにアクセスしてプログラムを起動する必要がある。これを回避するには、以下のフォルダの配下に Wntipcfg.exe ファイルをコピーすることで、Winipcfg と同様にファイル名を直接指定して実行することが可能となる。

%SystemRoot%¥system32
システムドライブ¥Documents and Settings¥ユーザープロファイルフォルダ

あるいは、[スタート]メニューやデスクトップにプログラムのショートカットを置くことで、直感的な起動が可能となる。

【参照】 ITmedia Windows Tips 「WindowsXP/2000で「IP設定」を使いたい」
          Windows FAQ.

Windows Server 2003 は一部正しく表示されない項目が存在するようである。
posted by w@ko at 22:33|  ・Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。