2006年03月12日

Windows コマンドプロンプトを起動する方法

コマンドプロンプト(および MS-DOS プロンプト)は、Windows 上に擬似的に DOS 環境を再現して CUI ベースで操作を行うためのツール、または画面である。

OS プログラム名 ファイルパス
Windows NT 4.0
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
コマンドプロンプト %Systemroot%¥system32¥cmd.exe
%Systemroot%¥system32¥command.com
Windows 95
Windows 98
Windows Me
MS-DOS プロンプト C:¥command.com

Windows 9x の MS-DOS プロンプトと Windows NT 系のコマンドプロンプトとはまったく別物であり、さらに NT 系の同じコマンドプロンプトでも cmd.exe と command.com とでは厳密にはいくつか違いがあるが、いずれも基本的な部分ではそれほど違いはない。

○ 操作方法

コマンドプロンプト(または MS-DOS プロンプト)の起動方法は以下の3通りある。

[スタート]メニューからの起動
[ファイル名を指定して実行]からの起動
直接プログラムファイルを実行して起動
○ [スタート]メニューからの起動方法
Windows 2000/XP/2003 の場合
  [スタート]→[プログラム](または[すべてのプログラム])→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]
Windows NT 4.0 の場合
  [スタート]→[プログラム]→[コマンドプロンプト]
Windows Me の場合
  [スタート]→[プログラム]→[アクセサリ]→[MS-DOS プロンプト]
Windows 95/98 の場合
  [スタート]→[プログラム]→[MS-DOS プロンプト]
○ [ファイル名を指定して実行]からの起動
1. [スタート]→[ファイル名を指定して実行]を開く
2. [名前]ボックスに以下のプログラム名を入力し、[OK]ボタンをクリックする
  ・Windows NT/2000/XP/2003 の場合: cmd または command
  ・Windows 95/98/Me の場合: command
posted by w@ko at 18:40|  ・Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。