2007年05月01日

Windows 2000/XP/2003 AT コマンドで設定したスケジュールをタスク画面で開くと AT コマンドから参照できない

AT コマンドで設定したスケジュールを一旦[タスク]コンソール画面で開くと、その後は AT コマンドから参照できなくなる。

タスクスケジューラは AT コマンドの機能拡張版である。Windows 2000/XP/2003 では下位互換のため AT コマンドが残されているが、実際にはタスクスケジューラのサブセットの扱いとなる。

AT コマンドで設定したスケジュールは AT コマンド、およびタスクスケジューラのいずれからも参照できるが、一度タスクスケジューラで編集してしまうと、そのスケジュールはタスクスケジューラの機能にアップグレードされるため、AT コマンドからは参照できなくなる。また、最初からタスクスケジューラで設定したスケジュールも AT コマンドからは参照できない。

【参照】 @IT

posted by w@ko at 23:32|  ・Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。