2006年06月02日

Windows NT サーバーサービスを開始できない

Windows NT 4.0 でサーバーサービスを手動で開始しようとすると、次のようなメッセージが出て開始できないことがある。

Server サービスは次のエラーのため開始できませんでした:
このコマンドを処理するのに必要な記憶領域をサーバーで確保できません。

このエラーが出た場合、システムログに以下のようなイベントが記録される。

種類 : エラー
ソース : Service Control Manager
イベント ID : 7023
説明 : Server サービスは次のエラーのため終了しました。エラー 1130:
このコマンドを処理するのに必要な記憶領域をサーバーで確保できません。

前回の Service Pack のインストール以降、Windows NT の CD-ROM を要求されるようなコンポーネントの変更が発生した場合、Service Pack を再インストールする必要がある。

○ 対処方法

この問題を解決するには、Windows NT の最新の Service Pack を適用する。

posted by w@ko at 22:15|  ・Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

Windows XP/2003 フォルダの読み取り専用属性を変更できない

フォルダの[プロパティ]ダイアログボックスからは、読み取り専用属性またはシステム属性の変更が有効にならない。例えば、以下のような現象が発生することがある。

フォルダの[プロパティ]ダイアログボックスの[全般]タブで、[読み取り専用]チェックボックスが使用できず、システム属性を変更するチェックボックスも表示されない
フォルダの[プロパティ]ダイアログボックスの[全般]タブの[読み取り専用]チェックボックスをオンまたはオフにし、[OK]ボタンをクリックすると以下のメッセージが表示される
     属性変更の確認
次の属性変更を選択しました:
    読み取り専用設定解除
これらの変更をこのフォルダにのみ適用するか、またはすべてのサブフォルダやファイルにも適用するか選択してください。
    ・このフォルダにのみ変更を適用する
    ・このフォルダ、およびサブフォルダとファイルに変更を適用する
  上記選択肢のいずれを選んでも設定が有効にならない。
フォルダの[プロパティ]ダイアログボックスの[全般]タブの[読み取り専用]チェックボックスが塗りつぶされた状態(XP スタイルの場合)または薄くチェックが入ったままの状態(クラシックスタイルの場合)で表示され、設定を変更しても状態が変わらない。

一部のプログラムでは、読み取り専用属性またはシステム属性が設定されたフォルダにファイルを保存しようとすると、エラーメッセージが表示され、ファイルが保存できない場合がある。

Windows XP/2003 出荷版では、エクスプローラを使用した読み取り専用属性やシステム属性の表示や変更の機能が削除されている。そのためエクスプローラでは、フォルダの読み取り専用属性とシステム属性の変更と許可ができない。表面上は変更できるように動作するが、実際には変更は有効にならない。

○ 対処方法

フォルダ読み取り専用属性は、コマンドプロンプトから attrib コマンドを使って設定確認および変更を行う。

【参照】 マイクロソフト 技術情報 326549
          Windows FAQ.

posted by w@ko at 21:55|  ・Windows一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。